子連れで楽しむお出かけブログ

子連れで行く海外旅行や国内旅行、お出かけスポットなどのおすすめを書いています。ハワイは大好きで毎年行ってます。

前歯と唇の間の筋みたいなやつが切れて大惨事になった話

 

超突然ですが、前歯と唇の間にあるスジみたいなやつの名前、知ってますか? 

f:id:ekori:20190822210102p:plain
答えは、「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」といいます。なんのこっちゃということですが、先日、2歳の子供が顔面からコケてここをパックリと切ってしまい、血みどろになって大変でしたのでその出来事をまとめておきます。

 

 

上唇小帯とは

 前歯と唇をつなぐスジのようなもの。赤ちゃんの頃は大きくくっついてることが多いですが、あごが成長するに従い、短く小さくなっていくそう。下の歯のものは下唇小帯といいます。

この部位の名前がわからず、「前歯と唇の間」で検索するとたくさんの記事が出てきて、はじめて「上唇小帯」っていう名前を知りました・・・こんなことがないとココの名前なんか知らないですよね。

 

切れたときの状況

いつものように仕事をしていると、保育園から電話が。また熱でも出したかな?と思い出てみると、「顔面から転んでスジが切れて出血してるから、歯医者に連れて行きます」とのこと。出血はいったん止まっているようなので先生にお任せして、早めにお迎えに行くことに。普通に保育園の中で走ってたら転んだそうです…我が子ながらどんくさい・・・

 

歯医者を受診

歯医者さん曰く、小さい子はココを切ってしまうことがよくあるそう。出血がひどくなければ縫ったりせずにそのまま傷が自然治癒するのを待っていればいいとのこと。歯が欠けていたり、脳のほうにダメージがあると眉がひくひくしたりするみたいなので、そういった場合は処置が必要とのこと。ということで、消毒だけしてもらって帰りました。そして、今生えてる歯の下に大人の歯が埋まってるので、念のためレントゲンを撮って大人の歯が傷ついてないか確認しようということに。レントゲンを撮って診てもらいましたが、特に異常はなく、通院は終了です!

 

 

切れた当日の注意点

血が止まって一安心して家に帰宅し、いつものようにお風呂に入ると、痛むのかギャン泣きし始めました。するとそのはずみで、切れたところがまた開いてしまったらしく、大出血!口の中が真っ赤になって、どんどん出血してきます。子供が口の中の血を飲み込もうとしていたので、口をゆすがせると、またまたどんどん血が出てくる・・・マジでホラーの画でした。そこですぐに歯医者さんに電話し指示を仰ぐと、口はゆすがず「手でグッと抑えて止血しちゃって」とのこと。「そんなんで止まるんかいな」と思いましたがやってみると、驚いたことにすぐに血は止まりました。すげー。

先生曰く、血圧が上がると再び出血する可能性があるとのこと。当日はお風呂や、興奮するようなことは控えた方がよさそうです。

 

切れてラッキー?

この上唇小帯、通常は前歯から離れた上の方についてますが、前歯の間に挟まっていたりすると、すきっ歯など歯並びが悪くなる原因となるそうです。

また、上唇小帯が太くて固かったり、長い子どもは、スジの部分に歯ブラシが当たると痛がり、歯磨きが嫌いになってしまいます。実際うちの子も、前歯を磨くのを超絶嫌がっていました。そのままだと、虫歯の原因にもなるため、あえて切って治療してもらうことも多いようです。

そう考えると、自然と?切れたのはラッキーでした。

f:id:ekori:20190822220905j:plain

切れてからの変化

その後、スジは切れて短くなっています。そして、これは本当に驚きましたが、歯磨きが大嫌いだった子供が、前歯を磨いても一切嫌がらなくなりました!これぞまさにケガの功名ってやつですね。やったー!

しかもすきっ歯の予防?にもなるし、ほんとナイスだ!我が子よ。でも顔からコケるのはもうやめておくれ・・・手をつこう手を。

 

以上、前歯と唇の間のスジが切れて大参事、改め、ラッキー♪だった話でした。