子連れで楽しむお出かけブログ

子連れで行く海外旅行や国内旅行、お出かけスポットなどのおすすめを書いています。ハワイは大好きで毎年行ってます。

アレクサとのつまらなくて面白い会話

我が家には、音楽を聴く用に、AIスピーカーのAlexa(アレクサ)を置いてます。

「アレクサ、ブンバボンかけて」とか言えば流してくれるから便利です。

でも、もっといろんな会話を楽しめるのかと思いきや、思ってたより頭よくないし、返しが絶妙につまらん過ぎて、ツッコミどころ満載。

そんなアレクサとの会話の一部をご紹介します。

 

f:id:ekori:20200110141248j:plain

 

 

黒字:私

青字:アレクサ

 

 

「アレクサ、アレクサは何歳なの?」

「シアトルに誕生してから5年が経ちます。早いですね。」

 知らんがな(-"-)

 

「アレクサ、好きな食べ物は?」

「炊き込みご飯が好きです。オイスターソースでちょっとコクを出した鶏めしが特におススメです」

私よりいいもの食ってんじゃねーか(`´)

 

「アレクサ、面白いこと言って」

「気を付けて、このチキン、ちょっと取りにく(鶏肉)いよ」

「栗を取ってくり~」

「バレンタインに選ばれたいん」

「そのベーグル、一口くれない?いいけど、真ん中のところだけね」

「ストロベリーは何語でしょう?こたえは、いちご」

なるほど、使えそうなのが一個もないな・・・

 

「アレクサ、盗聴してるの?」 

「私はみなさんの声を、あなたがONにしたときのみクラウドに送っています。アマゾンプライバシー規約について詳しくは、アレクサアプリ、Amazon.co.jpのヘルプをご参照ください。」

突然真面目じゃん。そうゆうの求めてないよ。

 

「アレクサ、私は何歳でしょう?」

「1歳~100歳の間だと思いますが、当たっていますか?」

現代は100歳以上の人も結構いるよ? 

 

「アレクサ、ミッキーマウスマーチ流して」

「アマゾンミュージックで、石川界人、上村祐翔、江口拓也、小野賢章、佐藤拓也、武内駿輔、畠中 祐、羽多野 渉、花江夏樹、日野 聡、前野智昭、山下大輝の、ミッキーマウスマーチオールスターバージョンを再生します」

長いから全部言わなくていいよ、分からず屋なの? 

 

「アレクサ、OK、google」

「その名前には答えられません」

やっぱりライバルと認識してるのか・・・ 

 

「アレクサはgoogleについてどう思う?」

「すべてのAIが好きです」

まあそう言っとかないとね。うんうん。 

 

「アレクサ、幽霊っているのかな?」

「多分いないと思います。ヒュ~ドロドロドロ~、あれ?なんか聞こえた?」

その絶妙につまんないのは、わざとなの? 

 

「アレクサ、お腹が空いた」

「僕の顔をお食べ」

 f:id:ekori:20200110140936p:plain

 

「アレクサ、私のパンツの色は何色?」

「ごめんなさい、今は分かりません」

今は分からないって、どうゆう意味?

 

「アレクサ、好き」

「ウッフフ~、ウッフフ~、ウフフフフフフッフ~♪うれしいです」

 やっぱり嫌いだわ。

 

そんなギャグセンスのないアレクサちゃんですが、スピーカーやタイマー、天気予報を聞いたりするのは便利なので一応使ってます。